上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

くいんしんぼうの読書傾向

お菓子やお料理がタイトルに付いている本を、ついつい手にとってしまいます。



近藤史恵さん の タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ) と 上田早夕里さん の ラ・パティスリー (ハルキ文庫)




タルト・タタンの夢 は、小さなビストロの寡黙なシェフが、お客さんのちょっとした不思議を名推理で解決!っていう感じでした。
短編集なのですいすい読めるし、殺人事件なんていうのはなくて、ほんの身近にある「あれ?」を、洞察力で「!」に。
ほっと一息ついて最後に出されるのは、ヴァン・ショー。 ホットワインのことだけど、読んでるだけで「私もちょっと飲みたい~」ってなります。。

ラ・パティスリー は、記憶をなくした天才的なパティシエと、新人のパティシエールの話。
この作家さん、出身校が神戸のようで、舞台となるお店も神戸の設定。
六甲や北野が目に浮かびます♪

どちらも、気軽に読めておいしそうで~、読了後、早速検索をかけて次の本を予約しました。



それがこの2冊

ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ) と ショコラティエの勲章 (ハルキ文庫)

IMGP1212.jpg


やっぱりヴァン・ショーが出てきます♪ ほんと、このビストロに出てくるお料理、食べてみたい~。
表紙の絵がシェフですが、何だかこの絵を見てたら・・・シェフがお笑いの「笑い飯」の西田さんに似てる!(笑)
その後は完全に西田さんで再生されてます^^;;


ショコラティエの勲章 は、ラ・パティスリーの続編ではないけど、登場人物が「あ、あの人がここに繋がるのか~」と、前作を読んでいなくても楽しいけど、読んでると頷けるって感じです。
こちらは和菓子屋さんがメイン(?)
あ~~~上生菓子が食べたくなります(爆)


昨日読み終わったのは 厨房で逢いましょう (スクリーンノベルス)
映画の方は未見だったのですが、見てたらヨダレたらしてると思います。






スポンサーサイト

2 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。