上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デジャヴ(DEJA VU)見たよ

先週末で、学校関係が終わって「やった~~ゆっくりできる!!」と思ったのに、そうはうまく行かないのが人生(爆)

今週に入って、かなりバタバタしてて、PCもろくに触れない・・・。
あ~もう!! 見たい映画もあるし、スキーも行きたい!!

おお、そういえば、春休み映画もボチボチ出揃ったかな?
という事で、一段楽したので行ってきました。

今日見たのは、『デジャヴ(DEJA VU)』
デジャヴ

海軍兵士とその家族を乗せたフェリー。
楽しいひと時を過ごすはずだったそのフェリーが、何者かに爆破される。一瞬に散った500人以上の命・・・。
ATF捜査官のダグ(ディンゼル・ワシントン)は、鋭い洞察力で、爆発が偶然によるものではなく、何者かによって仕掛けられたのだと言い当てていく。
彼と組むのは、FBI捜査官プライズワラー(ヴァル・キルマー)。
フェリー爆破事件の同じ頃、近くで見つかった女性クレアの死体。
彼女を見たダグは、一見爆破事故の犠牲者に見えるように工作されているが、実は事故ではなく他殺とみる。
彼の鋭い洞察力を目の当たりにしたプライズワラーは、ダグを特別捜査員とし、政府が極秘開発したシステム「タイム・ウインドウ」を見せる。
「タイム・ウインドウ」・・・4日と6時間前を見ることのできる装置。
クレアの遺体を見たときからダグにあるもの、それは、デジャヴ(既視感)。 なぜ?このクレアに見覚えがあるのか・・・。


結構おもしろかった。
タイトルになってるデジャヴ。主人公たちがそういった特殊能力を持ってるんじゃなくて、タイムパラドックス的な要素として使われてるのかなぁ~。
テンポもいいし、見せ方もうまいから、結構ストレスなく見れました。

ディンセル・ワシントンやっぱりね、Denzel Washington 見せ方がうまい!
洞察力に優れた捜査官なんだけど、だからといってギラギラしてるわけでもなく、いやみったらしくもない。まさに天性の洞察力というものを表現してるって思いました。
彼と同じタイプの役者さんって、Morgan Freeman かなって思います。
その役の本質を表現できるって感じ。

ヴァル・キルマーそんなダグと対照的なのが、FBI捜査官のプライズワラー。
素質はあるんだけど、洞察力ではダグの比ではない。 でも、彼もある意味すご腕で、そういった人の洞察力を認めれる客観的に物事を見れる冷静な捜査官役。その彼をVal Kilmerがうまく演じてた。 お久しぶりのVal Kilmer。ちょっと見ない間に、えらくお太りになられて(爆) TOPGUNのあのアイスマンはどこにぃ~~~!!


ジム・カヴィーセルもう一人、オースタッド役のJim Caviezel。狂気の宿る目がよかった~。この人の出てる映画って見たこと無い?と思ってちょっと見てみたら、「シン・レッド・ライン」に出てるみたいだけど、これ見てないから・・・。「パッション」のイエス・キリスト役でも、絶賛されたみたい。 この人出るだけで、空気が変わる役者さんだろうな~。

過去と未来、過去は変えることが出来るのか?
過去が変われば未来も変わるのか? そんな感じでドキドキしながら見れる映画でした。

春休み映画、出てきましたね~。次は「ホリデー」かな??
ジュード・ロウも、ルーファス・シーウェルも出てるし。
神戸ではやってないけど見たいのは、『華麗なる恋の舞台で』(Being Julia) 。だってジェレミー・アイアンズが出てるし~~。
昔の映画もやってるし、『ベン・ハー』『サウンド・オブ・ミュージック』『戦場にかける橋』。 あ~~~~みたい!!

でもよく考えたら、春休み・・・チビおるやん・・・(泣)
スポンサーサイト

4 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。