上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒 ~スキーブーツ調整編~

先シーズンからの相棒君^^
先シーズン最初のスキーで、インナー前がかなり当たり出して、買い替え時か?ということで、新しく相棒になった、相棒暦1年のレグザム君。

調整してますますいい相棒になってくれますように^^ (青い部分が調整したとこ)
DSC05834.jpg


先シーズンのスキーで、買い換えようかな~と思ってたときに、上手な方とお話ししてて
「買ってあたるところが出てきたら、シェルを削ったりすればいいんだから。
ここがあたる、あそこがあたる、って直してたら原型なくなるってこともあるよ」って事を聞きました。

え?? そんなことありなの?? そんなことしてくれるの!!

頭の中では、「スキーブーツに足をあわせる」って思ってたのに、「足にブーツを合わせる」という選択肢があることにびっくり!

帰ってからすぐスポーツ店に行って今の相棒君を買ってから、先シーズンくるぶし辺りの当たりを感じたので、もう一度スポーツ店に持って行くと、シェルを削ってくれました。

こんなことができるんだ~~~と本当に関心。

今シーズン履いてみると、一日滑り終わったころに足首の前面の2センチ上くらいから、脛骨にあたるようにかなり痛い。
実は、前のブーツも同じところが当たってて(インナーは熱成型だったんだけど)経年劣化かと思い込んでた。

帰ってきてすぐにスポーツ店にもって行くと原因がはっきりしました。

足の形!

私の場合、偏平足もあってブーツに対して足が内側に入る傾向があるようです。
(この現象、女性に多いらしいです。 みんな何ともない?)
なので中側に足が当たろうとする。

それと私の場合、「足首は細い(普通)だが、ふくらはぎが太い(涙)」ので、足首部分の遊びが出てきてしまうらしい。

そして極めつけ!
意外に足が小さかった!!(爆)
「ブーツに足を合わせる」と思っていたから、ふくらはぎが太いから・・・と24cmのブーツを履いていたんだけど、私の足、測ってみると・・・

23cm (体は大きいのに、足は小さいのだぁ~・激爆)

こうなると余計に遊びが出るよ~と、ショップの人にも言われました。(そりゃそうだ!)
「次に買うときは、23cmを買ってシェルをどんどん削った方がぴったりしますよ。」
その選択肢を知らなかったんだよぉ~~~~~~~。

インナーの調整は当たる部分にパッドを入れましょうということに・・・。
DSC05829.jpg

こんな感じに、インナーにパッドをつけてもらいました。
これがあるとないでは、あたりはぜんぜん違います!!

後はシェルのカントの調整。

DSC05835.jpg

これでシェルの傾きを調整して、内側に入り込む私の足の癖を調整してもらいました。

本当にぜんぜん違う~!!  滑り始めはちょっと感覚が違うので(調整で足の重心位置が違うから)ちょっと戸惑ったけど・・・。

さ! どんどんすべるぞぉ~~~~~!!
(そしてスキー貧乏まっしぐら・・・。)

スポンサーサイト

4 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。