レアチーズケーキ と 牛乳プリン

はぁ~~、怒涛の日々ですが、これは外せない!!
製菓材料店 『プロフーズ』さん での、リッチフィールド大森先生のお菓子講習会。

今日は、『レアチーズケーキ』、サブメニューで『牛乳プリン』です。
クリスマスのレアチーズケーキ1

レアチーズケーキは、デコレーションがクリスマスVer^^!

今回のこのレアチーズケーキ、甘さを抑えてとってもチーズの味を楽しめるもの。
土台2甘さを抑えた分、グラハムの台の上にアプリコットジャムを敷いたり、上からベリーソースをかけて、味にインパクトを。
レアチーズのムースには、少しだけサワークリームが入ってるんだけど、これがいい仕事してる!
勿論、酸味を出すのにレモンを使うこともできるらしいけど、分離しやすいとか・・・。
しっかり混ぜたら大丈夫ですって言われたけど、やっぱり怖いから復習のときはサワークリーム。
腕がないから、リスクは極力避ける(爆)

クリームチーズを柔らかくするのは、温度を上げるより、ラップに包んでもみもみした方が簡単!
なるほど~ レシピ本だと「クリームチーズを柔らかくする」だけしか書いてないもんね。
電子レンジを使う方法もあるみたいだけど、今回は火を通さないレアチーズケーキなので、加熱によって風味が飛ぶのを避けるために、ラップの上からもみもみ。
いや、こっちの方が簡単だし経済的(爆)

ムースの入れ込み出来上がったムースを型に流し込み、表面をカードでならすのも、前回の洋ナシのタルトのダマンドの敷き込みと一緒で、カードの使い方で隅までクリームが流せる。

何回も習ってると、「あ!あのときの方法と一緒かも?」とか、「こういう意味だったのか~」って思うことがちょくちょくある。
本当は、自分の中でピンとこなくちゃいけないんだろうけど、お年頃だから先生に言われて、あ!って思い出すことが多くて(笑)

サブメニューの牛乳プリンは、お店のプリン~って感じ。
でも生クリームを使わない、牛乳のプリンだから、いつも家で作ってるプリンの味っぽくて^^
でも、先生の教えてくれるのってやっぱり何かが違うんだよね~。
湯煎焼きふた代わりにアルミをかぶせて湯煎焼き。
ここでもやっぱりポイントがあって、卵液が熱いうちに、オーブンに入れたほうが焼き時間が短い。
冷めてしまうとオーブンでの焼き時間が変わってくよと教えていただきました。
いわれてみればなるほど。 でも、言われるまでピンとこないことって結構あるなぁ~。


試食

試食~~~~~!
クリスマスの雪をイメージして、シャンティの上から粉砂糖を^^
お持ち帰りようのケーキボックスもクリスマス仕様。

甘さ控えめだけど、その分チーズの味を楽しめる^^
ベリーソースで甘さを出してるけど、くどくない甘みがいいわ~。
プリンはやっぱり牛乳で作るのがほっとする。
早速作ろうかな~。
来週はもう落ち着くはずだから。多分・・・(爆)

毎回ポイントがてんこ盛りの大森先生の講習会です。
このブログも見られて、「動画は恥ずかしいからぁ~~~~!!」って言われました。
だから今回はちょっと動画は控えめ(笑)
もうこうなったら、大森先生のお顔写真ものせちゃうか!?

本当に毎回ありがとうございます!!

詳しいポイントと、ちょっと控えめな動画(笑)は別館【Baking Lesson】に。

大森先生、ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。