上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パンズ・ラビリンス 見たよ

ちょっと興味があったので、見に行ってきました。
『パンズ・ラビリンス』(原題 PAN'S LABYRINTH  EL LABERINTO DEL FAUNO) 
パンズ・ラビリンス

1944年、スペイン。反フランコ政権のレジスタンスは山間部に入り込み活動している。
この内戦で、仕立て屋の父を亡くした少女オフェリアは、おとぎ話の好きな11歳。
母カルメンは、ビダル大尉と再婚し、彼との子供は臨月に。
冷酷なビダル大尉は、山間部のレジスタンス鎮圧の指揮をとり、限りない残虐を尽くす。
彼は、生まれてくる子供は自分の元で生まれるべきと、臨月のカルメンとオフェリアを山間部の基地に呼び寄せる。

残忍な義父ビダルに恐怖しか感じられないオフェリア。
到着したその日、昆虫の姿の妖精にであった彼女は、基地近くの迷宮へ導かれ、そこで迷宮の守人・パンに会う。
パンは、オフェリアは地底国のプリンセスの生まれ変わりで、魔法の国に帰るには、3つの試練を乗り越えなければならないという。
大好きだった父をなくし、内戦という恐ろしい日々を見続ける11歳の少女・・・。
オフェリアは、3つの試練に立ち向かい、魔法の国に帰ることを願う。


ダーク・ファンタジーというのを見ていたので、ファンタジーとしては初めから見てなかった。
でも、ここまでとは・・・。
ファンタジーというよりも、私にはホラーに感じられる部分も多かった。

役者さんを見ていく余裕はありませんでした・・・映画の世界に圧倒されて。
オフェリアの見た、パンや妖精・魔法の国が現実だったのか、内戦で荒れる残酷な日々が現実だったのか・・・。

この映画で思ったのは、人間はここまで残酷になれるのか、でもそんな中でも希望を見出せるのかということ。
戦争を知らない私だけど、でも、世界では内戦の続く国があり、この物語のオフェリアのような思いをしている子供が沢山いる。
考えさせられる映画でした。

母カルメンがオフェリアに、『めでたしめでたしの様なおとぎ話が現実じゃないのよ!』みたいなことをいうシーンがあるのだけど、まさにそのとおり。
3つの試練も守人パンも、オフェリアにとって常にやさしいだけの存在ではなく、時に現実と同じように希望を粉々に砕いて、少女を絶望の淵に突き落とす。

オフェリアが縋ろうとする「魔法の国に帰ること」もまた、現実の世界と変わらないくらい無慈悲で残酷・・・。

反政府のレジスタンスも、政府の鎮圧軍も、内戦に巻き込まれた少女も、それぞれが求めるのは彼らの世界の安定。
ただ方法が違うだけで、行き着く目的の「自分たちの世界の安定」は変わらない。

それぞれ「夢見ること(ファンタジー)」は変わらないけど、それを得る為にすることはあまりにも、冷酷で残虐(ダーク、ホラー)
そういう意味では、ダーク・ホラーなんだろうな。

ガツン!ときた映画でした、劇中何度も目をつむることもあったけど、見てよかったと思います・・・。
スポンサーサイト

2 comments

非公開コメント

1 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。