上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幸せのレシピ 見たよ

気になっていた映画をもう一本。
『幸せのレシピ』(原題 No Reservations)

幸せのレシピ

NYのレストラン「ブリーカー22」の料理長ケイト(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は、一流の腕を持つ完璧主義のシェフ。
苦労してシェフとして認められ、料理長の地位を得た彼女は、仕事中心の日々を過ごしている。
そんな完璧主義は時として、客とのトラブルになることもあり、オーナーからはセラピーに通うように言われる。
ある日忙しい厨房に一本の電話が入る。この電話が彼女を大きく変える・・・。
電話は警察からで、彼女の姉が自動車事故で亡くなったと。 同乗していた姉の娘ゾーイ(アビゲイル・ブリスレン)は軽症だが、他に身寄りはない。
ケイトはゾーイを引き取ることに・・・。
数日の休みの後に店に出ると、見知らぬ男が自分の聖域である厨房にいる。
ケイトが休みの間にオーナーが雇ったスー・シェフ(副料理長)のニック(アーロン・エッカート)。
彼は厨房でオペラを流し大声で歌う。 自分の完璧なペースで仕事ができない苛立ちの中に、また違った感情が・・・。
「完璧」という名の、自分の周りに張り巡らせた壁。そんな壁を揺るがす、いきなり始まった姪との生活と、仕事場でのニックとの関係・・・。

私的には合格。
ただ、オリジナルの「マーサの幸せレシピ」が好きだったので、どうしても比べてしまいがちに(苦笑)
オリジナルとは微妙に違うので、別物としてみれば十分楽しめました。
軽く見れるラヴ・(コメディー?)かな?

Kate の Catherine Zeta Jones。 シェフエプロンを着ける時から、完璧主義らしさを出していて良かった。
彼女の最近の映画は見てないので(Zorroとか・・・アントニオ・バンディラスが苦手なもんで・・)すっごくお久しぶりの感じ。あ、『ターミナル』にでてたっけ??
でも、仕事は完璧だけど、人間関係に不器用なところをうまく出してたな~。

Nick の Aaron Eckhart。 この人は見たいな~と思ってた役者さん。
「ペイチェック 失われた記憶」で見て、その後、「ザ・コア」で見て、これからどんどんでてくるだろうな~と思った。
今回はイタリア好きの陽気な役で、彼らしさが出てるように思う。
表情とか、メリハリの付け方が良かった。 でもケツ顎がね(爆)

Zoe の Abigail Breslin。 この子すごいわ!!
ゾーイ

いくつかと思ってIMDBで見てみたら、11歳! この年であの演技力・・・。
あと5年たったら、素敵な役をばんばんするんだろうな~と思う。
母親を失った悲しみ、不安感、そんな表現の仕方がめちゃくちゃうまくて!!

さて、劇中に沢山の料理が出てくるんだけど、それも結構楽しめた。前に見た「恋とスフレ・・・」とは雲泥の差。
豪華なのは勿論だけど、豪華が美味しいんじゃないと教えてくれる場面もあったり・・・。

映画の一場面なんだけど、NickとZoeが二人でピザを作るシーンがあるんだけど、そこでZoeが、「家で作る方が買ってくるのより美味しそう!」って言うシーンがある。
あ~~~!そうだよね、そうだよね!!と思った~。
料理って、気持ちって言うスパイスが入るもんだもんね と最近特に思う。
おいしいねって言いながら食べるご飯って、本当に温かいもんね!

またオリジナルの『マーサの幸せレシピ』が見たくなってきた~!
でも、ラテンの濃い~Sergio Castellittoにはドン引きなんだよね・・・。
そういえば、以前ぴかままさんが、このオリジナルを見られて記事を書いてらして、そのときに、「ドイツ人はイタリア人への憧れみたなものがある」って教えていただいて、また違った角度から見れました。
こちらのオリジナルもお勧め^^

秋は甘いものと読書と映画よね~^^

スポンサーサイト

2 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。